株式会社 スピルリナ研究所  スピルリナ研究所のホームページへ戻る
www.spirulina.co.jp
株式会社スピルリナ研究所の会社案内スピルリナ・シールオイル・アオバナ等の取扱商品株式会社スピルリナ研究所へのお問い合わせサイトマップスピルリナ研究所のおすすめリンク集
スピルリナ - Spirulina -
誕生と生物学的特徴  含有成分一覧  特徴的な栄養成分  クロレラとの違い  学術報告 
培養工場とスピルリナ研究所のスピルリナ  製品リスト  スピルリナ関連書籍 
クロレラとの違い
 
項 目 スピルリナ クロレラ
分 類 藍藻類 緑藻類
発 生 35億年前 25億年前
形 状 300〜500ミクロン
ラセン状
多細胞
4〜6ミクロン
球状
単細胞
生育条件 アルカリ性の塩水 酸性の淡水
消 化 性 良い 良くない
成 分 たんぱく質 60〜70% たんぱく質 50〜60%
光 合 成 グリコーゲンを作る デンプンを作る
ビタミン プロビタミンA(ベータ・カロテン)、パントテン酸、ビタミンB1、B2、B6、B12、E、K、他 プロビタミンA(ベータ・カロテン)、パントテン酸、ビタミンB1、B2、B6、E、K、他
ミネラル カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、リン、ナトリウム、亜鉛、他 カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、リン、ナトリウム、亜鉛、他
色 素 葉緑素
カロテノイド
フィコシアニン
葉緑素
カロテノイド
特徴ある成分 ガンマ−リノレン酸、核酸(DNA、RNA)、
スピルリナ熱水抽出物
クロレラ熱水抽出物
食用の歴史 数千年前から、人類が食用にしてきた歴史があり、メキシコ・アフリカの塩水湖を中心に周辺の原住民のたんぱく源になっていた。 戦後、研究がおこなわれた藻類の一種で、古くから人類が食用とした歴史はない。
顕微鏡写真 スピルリナ顕微鏡写
スピルリナとクロレラの溶けやすさの比較 (それぞれ10粒)
スピルリナの場合
スピルリナとクロレラの溶けやすさの比較(スピルリナ)
クロレラの場合
スピルリナとクロレラの溶けやすさの比較(クロレラ)
このページの先頭にもどる
Copyright(C)2003 株式会社 スピルリナ研究所 All Rights Reserved.